暗視スコープ

  修理受け付け 法律に基づく表記 問い合わせ 送料 HOME
☆暗視スコープ 豆知識☆
【使用時の注意点】
暗視スコープは、真っ暗な場所で使用することを前提に作られておりますので昼間など明るい場所での使用は出来ません。
使用すると増幅管の破損につながり、保証期間中でも有償になりますのでご注意下さい。

【各世代の違い】
カンタンに言いますと解像度が違うので、第1世代から始まり、第2、第3と世代が上がるほど映りがキレイになります。
※第3世代の商品の取扱いはございません。

【どういう感じに見えるのか?】
暗視スコープは、ほとんどの機種が緑色のフィルターを通して見ているような緑色がかった映像になります。

一部の機種、
Kenko スーパーナイトコンパクト100DXBushnell STEALTH VIEWYUKON RANGER 5×42など
は、白黒映像となります。


YUKON NVMT SPARTAN 2×24
イメージ画像
YUKON Spirit
イメージ画像
NVMT SPARTAN 2×24 イメージ画像 Spirit イメージ画像
YUKONのNVMT SPARTAN 2×24は、中心部が明るく見えるのが特長です。

【機種による違い】

・ビデオ出力端子付きの機種
 ビデオなどに映像が録画できるように映像出力端子が付いている機種もあります。
 (音声出力はナシ)

 映像入力端子のあるレコーダーなどと接続すれば、映像の録画が可能になります。

 映像出力端子付き機種、
 Bushnell STEALTH VIEWYUKON RANGER 5×42など。


 画像は、Bushnell STEALTH VIEWのもです。
・オプション品が充実の機種
 交換レンズなどは一部の機種でオプション品が出ている機種もありますが、
 NVMT SPARTAN 2×24は、
 交換レンズが2種類フラッシュIRライトハイアイポイント・アイピースライフルマウントなど
 がお使いいただけ、 人気もあり、販売実績も当店ナンバーワンです。
 本体とオプション品を組み合わせたセット、
 ノーマルセットスタンダードセットスペシャルセット
 での販売も行っております。
・暗視スコープは、片目で覗いて使用する単眼タイプの機種がほとんどですが、
 双眼タイプの機種YUKON TRACKER LT 2×24もあります。
 また、
 両手が自由に使える、
 YUKON NVMT 1×24 ヘッドマウントキットもあります。


 画像は、YUKON TRACKER LT2×24
ナイトスコープ 電話注文受付